高校生クラス

小さな当塾から公立高校から神戸大学・早稲田大学現役合格させる秘密

大手の予備校や塾ではない当塾で、毎年、神戸大学や早稲田大学などの難関大に合格する生徒が生まれています。その秘密は本人の意志を引き出し、最も効果の高い学習方法・テキストを与え、「対話する教育」を行ってきたからです。どんなにいいテキストや講義もその生徒に合わない時は、空回りします。当塾では、生徒の声を聴くことを大切に最も効果の高い学習方法を提案し、模擬テストの偏差値を上げてゆきます。最も良い参考書、生徒の学力に合う参考書を与え、反復学習をしてゆく方法は最も効果的な学習法と言えます。

高校生担当講師がきめ細かく指導に当たります。

高校生は、どの高校であっても、年に数回の駿台進研模試が実施され、全国レベルでの偏差値が出されています。高校が違えば英語も数学も進む単元も違えばテストの日程も全く違ってきます。けれども、駿台進研模試は日程も範囲も統一されています。当塾では、このテストの範囲に合わせて、予習・復習を行っていきます。英語においては、学力に応じて個別に英文法と長文問題の指導を行い、数学においては、「チャート式数学」を個別に納得するまで
高校生クラスの担当講師が、よりお子様の深い理解に結びつくよう指導しています。
学校のテキスト・教科書の理解できない個所は理解できるまで、そして、「わかる」レベルで終わらせず、点数を取れる「できる」レベルとなるまで反復練習を繰り返します。

反復学習+個別指導で偏差値が伸びてゆく実感がわかる!

(学力が大幅に伸びた例 -ベネッセ・駿台模試より)

■最後に
このような歩みを重ねることで、週3回というカリキュラムの中で公立上位2校への進学率が伸び、何よりも自分が将来何をしたいのかに気づき、そのためにやる気を持って勉強するお子様が増えてきています。
高校生も引き続き塾で勉強することで、はっきりとした目的を持って大学受験に向き合い、自分が勉強したい大学に合格する流れが出てきています。
他人のまなざしを気にし、本当に今、しなければならないことを忘れて、ますます自分に自信を失ってゆく子どもたちが増えています。しかし無自覚な自分の気持ちを見つめ、心と現実がつながって結果が生まれていることを知る中で、子どもたちは徐々に自分の将来の願いに向かって、今、何をしなければいけないのかもわかるようになります。子どもたちが自分の果たしたい願いをつかみ、そのための専門能力を磨くために大学進学という目標を持ち、日々自己ベストを尽くして、さらなる成長を果たされることを心から願っております。